ドクター

逆流性食道炎や腸閉塞の対策として有効な病院

病気を治す

ドクター

腸閉塞とは、腸内にあるものが溜まってしまってしまう病気です。食べ物や消化液、便といったものが何らかの原因で消化または排出されないのです。また、腸閉塞になると腸が大きく膨らんでしまいます。そのため、腸内にある腸粘膜が炎症を起こして、刺すような腰の痛みや嘔吐といった症状がでます。このような症状がででそのままにしておくと、悪化してしまい命の危険性がでてきてしまいます。そして、症状を治療するためには病院での入院が必要になります。病院での生活では、食事はおろか口から水分を摂ることができない非常に過酷なものです。そのため、こういった苦しみを避けるためにも普段から食事を気をつける、症状が出始めたら早期に処置をするといった対策が重要です。

腸閉塞の治療を病院で行う時には、大きく分けて2つになります。鼻や口から細い管を閉塞部位まで挿入して、中に溜まっているものを排出する方法です。この方法によって手術をすることなく溜まっているものを出し症状の改善を図るのです。そして、もう一つの方法が手術です。先に記述した保存療法を行なっても症状の改善が図れない時には、開腹手術を行なって異物や腫瘍の除去を行うのです。そこで、必要に応じて腸管の一部を切除することもあります。こういった病気の手術をするときには、なるべく大きな病院に行くと良いでしょう。大学病院などであれば、最新機器も揃っているでしょうし経験豊富な医師がいますので安心できます。

逆流性食道炎にかかってしまうと胃酸が逆流するようになり、そのたびに食道が傷つけられひどい吐き気を催します。逆流性食道炎の対策としては生活習慣の改善ですが、大きな病院に診察してもらうことで適切な投薬治療を行なうことが可能です。対策の一つの手段として活用されてみてはいかがでしょう。

自宅で行う

カウンセリング

自宅で治療をしたい、何らかの原因で病院に通うことができない人は在宅医療をすると良いでしょう。世田谷区で在宅医療をしたいなら信頼できる医師や看護師がいる医療法人に連絡をしましょう。

Read More..

自宅で検査できる

聴診器を持つ人

いびきをかいている人の中には無呼吸の人が多くいます。睡眠時無呼吸症候群になっていると様々な病気を引き起こしてしまう恐れがありますので、耳鼻咽喉科などで検査をする必要があります。

Read More..

大事な検査

診察室

骨肉腫は骨に腫瘍ができてしまうものです。そのままにしておくと場合によっては足や腕を切断しなくてはならないのです。しかし、最近では抗がん薬などの技術や医療技術の発達によって部位を切らなくてもよい治療法がでてきました。

Read More..