自宅で検査できる|逆流性食道炎や腸閉塞の対策として有効な病院
医者

逆流性食道炎や腸閉塞の対策として有効な病院

自宅で検査できる

聴診器を持つ人

いびきは多くの人が気づかないでかいているものです。中にはいびきを全くかかない人もいますが、大抵の人はいびきをかくことでしょう。そんないびきには恐ろしい病気が潜んでいます。それは睡眠時無呼吸症候群です。睡眠時無呼吸症候群とは、名前の通りに睡眠時に何十回も無呼吸の状態を繰り返すものです。また、睡眠時無呼吸症候群をそのままにしておくと様々な病気を発症させてしまう可能性があります。最近の研究でわかっているもので、心疾患や脳疾患、高血圧やメタボリックシンドロームといった生活習慣病が睡眠時無呼吸症候群の中にあるのです。また時に突然死をしてしまうということもありえますので、女優分に注意が必要です。といっても自分で睡眠時に確認をすることができませんから、専門の医療機関に行って検査をする必要があります。

睡眠時無呼吸症候の検査をする時には、耳鼻咽喉科などに行きましょう。そこで、精密な検査をすることで自分が症状があるのかどうかを確認することができます。また、仕事や学校で忙しくて検査に行く時間がない、寝ている時の検査だから入院が必要と考えている人も多くいることでしょう。しかし、最近では自宅で簡単に検査をすることができるキットがあります。ただ装置をつけて睡眠をするだけでいいのです。内蔵されている専門的な機器が、睡眠時無呼吸症候群の疑いがあるのかどうかを判断してくれるのです。これがあれば病院に入院することなく睡眠時無呼吸症候群の検査を行うことが可能です。