大事な検査|逆流性食道炎や腸閉塞の対策として有効な病院
医者

逆流性食道炎や腸閉塞の対策として有効な病院

大事な検査

診察室

骨に悪性腫瘍ができてしまうことを骨肉腫といいます。骨肉腫は膝関節や肩関節に出来てしまう傾向があります。まれに全身の骨に腫瘍ができてしまうというケースもあるようです。この腫瘍をそのままにしておくことはできませんので、1980年前までの治療法としては、病院などで足や腕の切断をメインに行なっていました。しかし、最近では足や腕をそのままに腫瘍だけを切除できる治療法も考案されています。また、人によって切除した後に肺などに転移をしてしまいます。そして手術をしたあとの生存率は10~15%ほどでしたが、近年抗がん薬が出てきていちじるしく患者さんの生存率も向上してきました。

骨肉腫の原因は未だはっきりとはしてはいません。また最近ではガンを抑える遺伝子の異常によって発生するものと考えられていますが確証はありません。さらに、骨肉腫は持続する痛みで発覚します。スポーツ活動をしていると筋肉痛などの症状がでます。症状が緩和することなく痛みが増してくるようなら注意が必要です。もし痛みが引かずにいたら整形外科にいって診療を受けることをおすすめします。また、整形外科で診察を受けて、骨肉腫の疑いが強まった場合には、整形外科の医師が内科の医療機関を紹介してくれるでしょう。